たまねぎの中核
Web、Linux勉強中

Webサイト「SCRAPS」を作成しました

Webサイト「SCRAPS」を作成しました

最近はスマートフォンで気軽に写真が撮影できるようになりましたが、 SNS のように撮影した写真を消費するのではなく、知識として蓄積できれば良いなと思い、 写真投稿サイト「SCRAPS」を作成しました。

コンセプトは「気軽に使えるスクラップブック」です。

「SCRAPS」の仕様

ユーザーアカウント

  • サービスを使用するためにユーザーアカウントを作成して貰うという行為がハードルに感じられる。
  • 自前でユーザーアカウントデータを保有したくない。

上記2点 の理由で、Twitter、Facebook、Google の API を使用してサインインができるようにしました。

コレクションとアイテム

情報を整理するため、ユーザが任意のテーマを設定し、それに沿った写真を投稿する形式としました。 また、テーマを「コレクション」、投稿単位を「アイテム」と呼称することとしました。

ページデザイン

コレクションごとに必要とされるデザインが異なるということが予想できるため、 コレクション単位でデザインをカスタマイズできるようにしました。

とはいえ、現時点では肝心の選択できるデザインを作成しておらず、 コレクションのトップページ用に 1種類、アイテム個別ページ用に 2種類 しかありません。 時間がある時に追加していきたいと思います。

画像の取り扱い

圧縮

  • 最近のスマートフォンはカメラの性能が高い分、写真ファイルのサイズが大きい。
  • サービスのコンセプト上、高品質な画像を必要としていない。

上記2点 の理由で、投稿された画像は ImageMagick を使用して圧縮するようにしました。

Exifデータ

画像に Exifデータ が付加された状態だと色々問題となりそうなので、 画像ファイルから Exifデータ を削除、別ファイルとして保管することとし、 アイテム投稿時に Exifデータ の公開可否を選択できるようにしました。

承認と違反報告

不適切な内容の掲載を防止するため、投稿されたアイテムは、 コレクション作成者の承認が得られるまでウェブに表示されないようにしました。 また、ウェブに表示されたアイテムやコメントに対して違反報告ボタンを用意し、 不適切な内容の存在に気付くことができる仕組みを実装しました。

宣伝

アイテムが承認されると Twitter に自動でつぶやくようにしましたが、 ちょっとした修正を入れただけでも、その度につぶやいてしまうのでうざいです。

最後に

テストを兼ねて「缶コーヒー図鑑」 というコレクションを作成して投稿しています。 Twitter、Facebook、Google のアカウントをお持ちであれば 同コレクションに投稿可能ですので、是非お試しください。